スポンサーリンク

時差ボケ予防に青汁がおすすめな理由

海外旅行は楽しみだけど、時差ボケがツライという人は多いのではないでしょうか。せっかくの旅行でもひどい時差ボケになってしまっては、観光も楽しめません。また、最悪の場合、時差ボケが治るころになって日本へ帰国、ということもありますよね。

そんな時差ボケですが、青汁で予防できるという話があります。青汁と時差ボケ、一見あまり関連がないように見えますが、どのような効果があるのでしょうか。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

時差ボケとは?その症状

時差ボケ,予防,青汁

時差ボケは、渡航した時、日本と現地時間の差等が原因で起こる様々な体調不良です。

症状には個人差もありますが、睡眠障害が代表的で、頭痛、めまい、吐き気、体のむくみやこり、疲労感やだるさが主に挙げられます。

時差ボケは病気ではないので自然に治りますが、普段の生活リズムを取り戻すには多少の時間がかかる場合があります。

海外旅行や出張などで時差ボケにかかってしまうと、観光やビジネスにも影響が出てしまいますよね。時間が限られている海外渡航であれば、なおさら早く治したいものです。


時差ボケ予防の方法

時差ボケ,予防,青汁

時差ボケの予防としては、機内でできる方法がいくつかあります。

機内で長時間座ったままだと血流やリンパの流れが悪くなるので、体の向きを適宜に変えたて、血行やリンパの流れをよくしておくことが効果的です。

また、飛行機に乗ったらすぐに時計を現地時間に合わせることも有効です。こうすることで、少しでも体内時間が狂う予防に繋がります。

そして、何より僅かな時間でもぐっすり眠る工夫や対策をすることがポイントです。


時差ボケ予防に青汁が効果的って本当?

時差ボケ,予防,青汁

時差ボケや眠れない時は青汁を飲むのも効果的です。青汁は健康食品として、昔から根強い人気ですよね。青汁にはビタミンやミネラルがバランスよく含まれています。

ビタミンの中でも、ビタミンB12は特にカラダのリズムを助ける働きがあります。

また、青汁に含まれるメラトニンは、夜になると脳内で作られるホルモンで眠くなる作用があります。

メラトニンは体内時計に関連していることが分かっており、明るい時間の昼は働き、暗くなる夜は眠るという、人間の1日の生活リズムをコントロールしてくれると考えられているんです。

国際線のキャビンアテンダントの多くの方々も、時差ボケ予防に青汁を飲んでいるとよく耳にします。

時差ボケを食べ物で予防することは可能?対策におすすめな栄養素と食品


健康や美容のためにも人気の青汁

時差ボケ,予防,青汁

青汁の効能は時差ボケ以外でも、お肌のアンチエイジングや日々のストレスの引き金となる精神不安からのイライラ解消にも効果的な他、高血圧、糖尿病、二日酔いの緩和等様々な体の不調の強い見方です。

この健康飲料「青汁」は、高齢者から子供まで幅広く愛飲者が多く毎日の健康維持としても、利用したいアイテムの一つです。

時差ボケ防止として、青汁を選ぶのであれば、メラトニンを多く含むケールや明日葉入りのものを選ぶのがおすすめです。また、飲みやすいタイプのものを選ぶことも重要かもしれません。

青汁や食品で時差ボケを予防する場合、即効性はあまり期待できません。前もって、継続して飲むようにしておくのがおすすめですよ。

時差ボケ対策や美容におすすめ!すごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH初回780円

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク