スポンサーリンク

国際線飛行機、コスメ(化粧品)の機内持ち込みはOK?

安全対策が強化され、ますます厳しくなる国内線の手荷物。機内持ち込みできるものの制限も多く、旅行の荷造りに一苦労することも……。

女性が特に悩むのがコスメです。果たしてコスメの機内持ち込みは可能なのでしょうか?

国際線搭乗予定の方も、そうでない方も、事前にチェックしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

国際線機内持ち込みのルール

国際線飛行機、コスメ(化粧品)の機内持ち込みはOK?

国際線搭乗の際は、機内に持ち込みできるものと、荷物としてトランクに入れ預ける必要のある物があります。

持ち込み禁止なものとしてまず挙げられるのが危険物です。火器や刃物類、スプレー缶などが該当。女性のメイクポーチの中にあるまゆ毛用のハサミやカミソリ、スプレータイプのスキンケアなどが引っかかってしまいます。

危険物は預け入れ荷物でもNGですが、スプレーは1缶につき、0.5kg以下あるいは0.5リットル以下であれば、預け入れ可能です。

日常的にメイクポーチに入れていると、ついつい忘れがちですが、搭乗前にしっかりとチェックしておく必要がありますね。

液体系コスメの扱い

もう一つ、メイクポーチに入っているもので機内持ち込みが難しいのが、液体系のコスメです。化粧水や乳液といったスキンケアはもちろん、厳密に言えば、マスカラだって液体カウントです。では、このような液体系コスメはどうすればいいのでしょうか?

最も安全な方法はトランクなどにパッキングし、預け入れ荷物にしてしまうこと。

でも、長時間のフライトで乾燥対策がしたかったり、到着後すぐに人に会うのでメイク直しを機内で済ませておきたかったりといった事情がある場合、ある方法を使えば、一定量の液体系コスメを機内持ち込みすることができます。

液体系コスメを機内に持ち込む方法

実は、液体を機内に持ち込む場合、あるルールを守る必要があります。

それが容器は1つにつき100mlあるいは100g以下で、それらを容量1リットル以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入れるというもの。要するに、液体系コスメは1つ1つの容量が小さく、既定の袋に入る分なら持ち込み可能だということです。

持ち込み可能な量が多いか少ないかは人それぞれですが、筆者の場合、だいたい目薬1つとマスカラ1本、トラベルキットサイズの化粧水と乳液1本ずつといったところ。最低限これだけあれば、機内でも快適に過ごすことができます。

いかがでしたか? 国際線搭乗の際に気を付けたいコスメの機内持ち込み。必ず覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク